寝不足や疲れが溜まっているときにめまいが起きる

寝不足の時など、疲れがたまっているときにおこります。また乗り物に弱いのでその時にも起こります。

そういう時は、立ってられなくなり、方向感覚がなくなり、寝込んでしまいます。

その時にかならず買い物に使うビニールの袋を片手に持って寝ます。気持ちが悪くなってトイレに立とうとする瞬間に吐いてしまいます。

その症状が一日寝て治ることもあります。治らない時には次の日はそこまではひどくないです。

ただ、いつものようには動けません。

特別なメニエール病ですとか、わかっている病気ならそれの治療もできますが、慢性的に疲労などでおこるので、そこは、耐えるだけです。

30代くらいまでは、めまいを感じることは、全くありませんでした。

なのでめまいがどのようなものなのかもわからないほどでした。それが40代に入って急に起こるようになったのです。

その時に熱が出たりもません。ただ地面が揺れてどうしようもなく広い平原を不規則に走ったあとのようなぐったりとした感じです。

 

横になって休む!なぜか酔い止めが効くので飲んでいます

しっかりと解決できることは、ありません。そこは横になって休むしかないです。

時間が経てば、治まってくるものですから、体調が整うのを待ちます。その間、何もできないことに焦りを感じます。

ですが、どうしても動いても倒れるだけです。

吐き気がない時には、まだいいほうで、一番つらいのは、吐き気があって、辛いのにどうしても横になってられない時です。

眠ろうとしても気持ちが悪いので眠気も起きません。でも起きていれば辛い。

その繰り返しです。

長く車に乗る時には、かならず、釣り具やさんで買った酔い止めバンドというものをつけています。

これでめまいもある程度おさまります。

また効くときと効かないときとありますが、一番最後の手段として酔い止め薬が効きます。

トラベルミンは、どういうわけかめまいにも効くと、他の病気でいった際に、先生に話をしたのですが、先生もそうだねと言っていましたから、なにか繋がりがあるのかと思います。

それで、トラベルミンを時々処方してもらっています。

自律神経の乱れをおすすめのサプリで改善してみませんか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です