身体中の凝りがひどく、疲れが取れない

仕事のせいか幼少期からの癖なのか肩の力を抜くことがとても苦手で首と肩の凝りが非常に強いです。

35歳を越えてからむくみもひどく、夕方ではなく日中からふくらはぎばパンパンになり、鍵の閉まる会議室で数分間逆さまになって血液を心臓へ戻すこともしばしばです。

精神的な疲れを実感することはないのですが、首と肩の疲れ方がとにかくひどい。日によっては寝違えたのかと感じるほど首と肩が張ってしまいます。

足のだるさはふくらはぎだけではなく、足首やすねにも感じます。正座をしてお尻を左右に揺らすと、まるで足首に小石が入っているかのようにゴリゴリ、ゴリゴリ、と恐ろしい音がします。

すねも足首側から3分の2くらいの高さまで、ハリやゴリゴリとした音がして、老廃物が溜まっているのが感じられます。

そして足先の冷え。秋から冬にかけては冷えがひどく、冬には氷のように冷たくなるので眠れないこともしばしばあります。リンパ節の近くはどこも疲労が溜まります。

 

サプリメントや整体などで疲れをとる

1ヶ月に1?2回は整体に行き、全身のもみほぐしとカッピングをしてもらいます。

これに加えて、全身のアロママッサージやフットマッサージなども行きますが、お金がかかるのでグルーポンやくまぽんなどで安いチケットを見つけて行くようにしています。

今後やってみたいのはキネスティックセラピーで、本来は蛇のおもちゃのように1骨1骨がある程度の角度で左右方向に動くのを取り戻すための技術です。

2回ほど体験しましたがとても痛い。だけど終わると少しスッキリした感じがします。自分で身体を動かすことも大切だと思うのでヨガやピラティスは1週間に3?4回、一度に1?2時間身体を動かしたりストレッチしたりするようにしています。

ゆったりリラックスできるようなアロマの香りの入浴剤を使ってぬるめのお風呂に浸かったり、エレベーターの中などこまめに肩や肩甲骨を動かしたりもしています。

飲み薬やサプリメントはあまり使いませんが、肩や首の痛みが強い時には市販の塗り薬なども使います。

ただ、サプリを飲んでスポーツの疲労回復をはかった際には効果がありました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です