野球をしていて膝を痛めてしまいました

野球をしていて膝を痛めました。

地方の企業チームのトーナメント戦に出ていたのですが、私のチームの攻撃中、私がヒットで出塁し、2塁へ盗塁したときに膝を痛めました。

盗塁自体は完全にセーフのタイミングだったのですが、キャッチャーからの送球がセンターへそれて行ったこともあり、更に3塁へ進もうかとオーバーランした状態だったのですが、センターの処理が意外に早く、2塁へ戻ろうとしたときにきちんとスライディングすれば良かったのですが、タイミングが合わず変な格好で帰塁することになってしまいました。

その時は少し膝を打ったかな?くらいだったのですが、結局攻撃が終了しベンチに戻る際に、なんか膝がぐらぐらする感じがしてどうも様子が変な事に気づきました。

それほど痛みはなかったのですが、膝に思うように力が入りません。

これはまずいと思いながらも、ベンチの控えメンバーを見るとどう考えてもかなりレベルが落ちる人しかいなかったこともあり、しばらく試合を続けていたのですが、結局足が言う事を聞かなくなり交代しました。

試合後すぐ病院にいったところ、左ひざ側副靭帯損傷という診断結果でした。

 

周囲の筋力をつけることでカバーしました

ケガした直後はアドレナリンが出ていたせいか、それほど痛みは感じませんでしたが、試合が終わって病院に着くころは冷や汗が出るくらいいやな痛みが膝を襲っていました。

診断後、靭帯の損傷という結果を聞いて痛みが倍増しましたが、やってしまったものは仕方がありません。

その後はしばらく保護具を装着しながら生活していました。痛み自体は患部を動かさなければ数日で気にならなくなりましたが、もちろんスポーツはしばらくお休み。

担当医からも靭帯が伸びてしまっているので、靭帯自体は完全には元に戻らないので、膝周囲の筋力をつけてカバーしていかなければなりませんよという話がありました。

左足はジャンプするときの利き足ということもあり、痛める前と後では走力がかなり落ちました。

きちんとリハビリをすればまた違ったのかもしれませんが、仕事しながらということもあり、なかなか時間をさけなかったこともあったのでいたしかたありません。

その後数年間はスポーツ時に保護具を装着していましたが、今では保護具なしで大丈夫になっています。

ジョギングで膝を痛めたときのためのサプリがあるので、飲みながら予防したいです。

 

時間がたつと目がシバシバしてくる・・・

最近は子育てでだいぶスマホを触る時間が減りましたが、日常の疲れ(育児、家事、その他)がプラスされているせいか、スマホの画面を10分以上眺めてると目の奥がシバシバするような疲れを感じます。

数年前、仕事で働いていたときは毎日パソコンの画面とにらめっこで、数時間パソコン作業をしても疲れるのは目ではなく、肩や腰。

こう考えると、日頃の疲れと加齢が””目の疲れ””を導いているように思えます。

特に、どのような時に目の疲れを感じるかというと、動画を長時間見てたり、細かい字を読んでたりするときです。

スマホは手軽に動画が見れたり、簡単に調べものができたりするので大変便利なのですが、パソコンと比べると画面は小さく画質は粗いし、いくらピンチアウトして文字を大きくできたとしても少し読みにくかったりします。

初めは気にせずスマホの画面を眺められていたのに、時間が経つと目のピントの調節力が落ちるのか、目がシバシバ……。

まだ目薬をさすまではいきませんが、おそらく今後、加齢と共に目の疲れを感じ始めるのがもっと早くなりそうです。

 

首をならしたり目をこすったりしています

目の疲れを感じはじめると、目の奥がシバシバしてきます。

はじめは、軽く目をこすったり、首をゴキゴキッと左右に揺らしてみたり、その程度でなんとか乗り越えます。

その後、また目の疲れを感じたら小休憩を挟み、少し時間を空けることにしています。

深呼吸したり、体勢を変えるだけでも目のリフレッシュができるので、もし休憩を挟めないような状態だったら、そのようにしてます。

あとは、人差し指の第二関節を曲げてそれを目頭に当ててグリグリします。そして指の形はそのままで、目の下を通って目尻のほうに動かします(軽く目のマッサージをするような感じです)

「もう目が限界だーっ!」となったら(←でも休憩できないという状態)、目のケアをするとかではなく、思考を止めて、もう無意識にボーッとただ画面を眺めている(目のピントを合わせてない)感じで過ごします。

目薬をさすことで、目に潤いを与え、多少は目の疲れがとれるのかもしれませんが、まだそこまではしていません。

目の疲れを解消!パソコン対抗サプリで改善を目指します。

 

パソコンで目が疲れるのは年齢のせい・・・?!

私の仕事はレジを打つ仕事なので、目を酷使するので近くのものは見えるけど、遠くのものは見えない、所謂「乱視」だと思いますが、45歳を過ぎてからそれが更に悪化していった様に思います。

段々とアナログ時計の針が近くに行かないと見えなくなったり、辛い思いをしました。

パソコンやスマホを見るのも疲れる状況だったので、回りの人達に相談をすると「老眼も入っている可能性もある」と言われ、「もうそんな年齢になったのか」とショックを受けてしまいました。

それに、最近は多忙なせいか、目の奥がズキンズキンと時々痛みだし、インターネットで調べたら「眼精疲労の可能性がある」と言うインターネットでの結果を見て、非常にショックを受けました。

年齢はしょうがないですが、少しでも目を酷使すると今までにない結果がついてくるんだな、と思うと凄くショックでした。

目の疲れと言うのは、年齢と共に大きく左右されるものなのだな、と改めて痛感致しました。

 

遠くのものを見て目を休めるようにしました

なるべく長い間仕事をし過ぎない、パソコンもスマホも二時間程度に一旦休憩を取る、遠くのものを特に緑の木々のものを見る様にしました。

眼精疲労は特に体の疲れからも出るとは思うので、あまり肉体労働は控え、夜寝るのはなるべく早くして、部屋の明かりを完全に消して脳を休めて最低でも六時間以上は睡眠を取る様に心がけています。

これは私独自の考えですが、かなり眼精疲労による頭の痛みや、目の奥の痛みが改善された様に思います。

あと、アプリゲームはなるべくやらないものは思いきってアンインストールしたりしてもいます。

あと、パソコンやスマホの画面の明るさ調節をして無駄な明るさをなくしたりしています。

目の疲れは肩こりにも影響すると聞いているので、首を回したり、ストレッチをしたりして、気分転換を図っています。

まだ、100%とは言いませんが、随分と改善したように思います。目薬をさすと効果的と聞いているので、年齢に合った目薬も使用しています。

目の疲れを癒すサプリ、パソコンで疲れた目を癒すサプリを買いたいです。

 

パソコンやスマホを見ていると目に疲れがたまります

だんだん目が痛い感じがしてきます。そして重く感じるようにもなります。また眠くもなってきます。

一日のパソコンやスマホを見ている時間は少ないと思っていますが、短時間でも集中して見たり毎日毎日見てると疲れがたまってきます。

お仕事を探したり、パソコンで記事を書いたり、アンケートを答えたりと毎日画面とにらめっこをしてると目が疲れて痛くなってきます。

また趣味で本を読んだり、何か勉強をするとさらに目を使うので疲れます。

私の場合睡眠時間とたくさん取っているわけではないので、目がスッキリしなくなります。目薬をさしてもしみる感じはあって、そのときは多少スッキリしますが、結局はあまり疲れが取れません。

疲れがたまると眠くなります。眠くても寝るわけにはいかなくて、さらに目を酷使するような感じになります。

目が疲れてて何か辛い事があって泣いたりすると余計に目が重い感じがしてきます。疲れてる時は泣いてもスッキリはしません。

 

ホットアイマスクを買って使用しています

本来はたくさん寝て疲れを取りたいところですが、やることややらなければならないことも多くて寝れないです。

そのため目薬をさしますが、多少スッキリしますがほとんど変わりません。

本当に目が重くてなんとかしたい時はホットアイマスクを買ってやります。

夜寝るときにやってそのまま寝てしまいます。さらにそのホットアイマスクはにおいつきにして好きなにおいもかぎながら気分もスッキリできるようにします。

また目が疲れてると思う時はコンタクトレンズをするのをやめることもあります。少しでも疲れがたまらないように、楽になるようにメガネにしたりします。

コンタクトレンズにしてもなるべく時間を短くします。メガネの時間を少しでも多くして目に負担をかけないように心がけます。

また時間があれば少しでも目をつぶってゆったりしたりします。

目薬をするのが一番することです。

次に目に負担をかけないようにコンタクトレンズをしないことやなるべくメガネにするようにします。最終的にホットアイマスクを使うことにしてます。

サプリでパソコンにやられた目の疲れを解消したいです。

 

歩きつかれると疲労を感じ、目覚ましがなってもおきないことも

歩き疲れた時に、私は、疲労を感じています。両足だけではなくて、体全体が、だるいのです。

体全体がだるいと、何をするにしましても、モチベーションが下がってしまうのです。私の場合は、です。

今日も実は、日曜日でして、休日ですから、家の中で一日ゆっくりと寝ていようかと思いました。

そして、ベッドの上で、全身をどたーっと伸ばし、目覚まし時計の音が鳴っても気にしないで、寝ていました。

目覚まし時計が鳴ったのは、朝の8時台でした。そして、そのまま数時間、お腹が空いてきて、寝ていられなくなるまで、寝ていました。

ベッドから、体を起こしたのは、11時台、12時には、なっていませんでした。

朝食を、今日の場合は、ほとんど昼ご飯の時間になってしまいましたが、朝、ベッドの上で平日よりも長くどたーっと寝ていたために、うれしいことに、私の疲れは、マシになっていました。

そうなのです、何も先を急ぐことは、まったくありません。今日は、特に、休日なのです。

 

予定を入れすぎず、ゆったりする時間をつくっています

上の欄に書きましたように、平日よりもゆったりとした朝を迎えること、朝の起床時間を気が済むまでずらすこと、朝の予定をできる限り入れないことで、解消をしています。

朝食をよく噛んで食べることで、私の空腹感は、おさまりました。ただし、食べ物を食べるだけでは、すっかりとは取れない疲労もあるのです。

体前身の疲労、こちらは、私の場合、朝遅く起きること、朝食をよく噛んで食べることで、取り切れない場合、時間的な余裕、経済的な余裕がありますと、行きつけの整体サロンやリラクゼーションへと、足を運んでいます。

実のところ、この方法は、体前身や体のこっている一部分を的確にプロが手わざで、程よい力加減でほぐしてくれますので、また施術の間、室内が、程よく暗いので、体を休めることが出来るのです。

ですから、特別長い施術時間ではなくて、15分、20分程度でも、体のこりがほぐれていきまして、支払いを終えた帰り道では、体全身が軽くなっています。

疲れに効くサプリはあるのか?ランキングをチェックしてみました。

 

ゆっくり休むことができずに疲労が蓄積されてしまう

私は普段から正社員で週に6日働いています。

通勤時間も1時間半程かかるため、出勤時間も早く、帰宅の時間も遅くなってしまいます。帰宅しても寝るまでの時間に限りがあるのでゆっくり休むこともできません。

寝ることが大好きな私ですが、週に6日も勤務しているため、ゆっくり寝れるのは日曜日だけとなります。

そのため、普段の疲れがどっとくるので、一日中寝たきりの日が多いです。本当に動けないくらいひどい倦怠感に襲われます。

寝る時間も、身体が動かないので12時間程寝てしまいます。そうすると寝すぎなため、起きた時の疲労感がまだ残ってしまい、一日中ゴロゴロしてしまいます。

そのゴロゴロした日を過ごしたら、翌日からまた6日働く勤務が始まってしまいます。

また、肩凝りや頭痛、目の疲れが普段からあるので、余計に倦怠感が強いのかもしれません。

残業が続き、休憩もまともにとれない日が続くと体調をすぐに崩してしまい、メンタルもやられてしまうので何もする気が起きなくなってしまいます。

 

マッサージをしてもらったり、電気をあててもらったり!

私は週に6日の勤務なので、疲労感の解消はなかなか難しいですが、普段から毎日のお風呂は湯船につかるようにはしています。

足のむくみもひどいので、お風呂でマッサージをしたりしています。また、休日にはたまに温泉に行って、たくさんお風呂に入ります。

ストレスがたまる日々なので、温泉に行くとメンタル面もすこし解消されるように思います。

あとは、1時間とかでマッサージを行なってくれるところに行きます。肩凝りや疲労感があるため、とても楽になりますが、一時的なものでもあります。

整形外科で肩凝りに関しては低周波という電気もあててもらいます。こちらも一時的なものではありますが、血流がよくなるので、楽になります。

休日は家にいることも多いのですが、寝ることが私にとって一番ストレスも解消され、疲労も軽減される方法だと思います。

あずきを電子レンジであたためて肩や目にあてるグッズがドラッグストアに売っているのですが、こちらも疲労感を軽減させてくれます。

また、疲れに効くサプリとしてランキングがあるので、今度買ってみようと思っています。

 

夜勤明けに頭がボーっとしてしまい疲労感が取れない

夜勤明けの仕事が終わったあとです。夜勤の日は14時頃に起きて準備をし、15時に家を出て16時に職場につきます。

17時から仕事が始まり、途中2時間の仮眠休憩を挟んで、10時に終わります。帰宅するのは大体12時頃です。

眠たいのもありますが、頭がボーっとしており、言葉も出にくいし、私の場合は口ごもってしまいます。

体が重たくてだるく、足元ががくがくしてしまいます。呼吸も深く遅く、吐く呼吸の方が長くなるようです。

文字も読みにくくなります。見えてはいるんですが、読めないんです。読めても意味を把握するまでに時間が掛かるようで、その状態の時に書類などの仕事をすると大体ミスをしています。

目眩も感じます。動いているときはないんですが、信号等でふと立ち止まると回りの風景が回っており、足元がふらふらとします。

足に力が入らないので、何かに掴まって転ばないようにする事があります。帰宅してからはすぐに眠ってしまいます。

不思議と空腹感は感じず、何も食べないで寝てしまいます。

寝入ってから起きるのが19時頃です。その時には大体は頭痛をしています。体はふわふわして、頭が重くていたい。

肩こりなども感じます。あくびがやたら出てしまい、目もまともに開かない状態がしばらく続きます。何もする気も起きないので、ぼんやりしてます。

 

お風呂に入って夕食を食べ、寝ることで回復!

お風呂に入って夕食を食べて、また寝ることで回復しています。

昼間に寝て、夜に寝ると、起きるのが夜中の3時頃です。

その頃には疲労感がなくなり、気力も戻ってきます。あんまりに疲れていて、どうにもならない時はジョギングや軽めの運動に早朝からいきます。

早朝の公園や川沿いは空気がきれいな気がして爽やかな気分になりリフレッシュできます。

それでも疲れが取れないときは、マッサージやさんにいって体をほぐしてもらいます。

大体は施術者の人に「疲れてますねぇ」「筋肉が凝り固まってますよ」「血行が悪いから冷たくなってますよ」等と言われます。

夜勤の次の日は休みなので、一日を体の回復に使うことができます。遊びとかに行ってしまうと疲れがとれませんが、まぁ仕方ないことかと思ってます。

もうどうにも疲れが取れないときは市販されている疲れている時用の薬や栄養ドリンクを使ってます。

アリナミンとかユンケルとかです。実際効いているのかはわかりませんが、それでも次の仕事には間に合うように回復していると、信じる、ようになります。

ランキングで疲れに効くサプリがあったので、買おうと思っています。

 

日常的な目の疲れからくる肩こりに悩んでいます

パソコンを日常的に使っているので目の疲れから来ていと思われる肩こりに悩まされています。

あとよくスマートフォンをよくいじっているのでよく聞くスマホ首になっていると思われそのことも原因であると思います。

肩が張ってきて肩を触るとしこり見たいのがありますが全体的に肩が痛いと言うわけではなく首が固まっている感じがして違和感を覚えます。

そのまま疲れている状態でパソコンやスマートフォンをいじり続けていくと次に首に圧迫感が生まれてきて目がかなり疲れてきます。

その時首の側面を触ると痛くしこりができた状態になります。
そこからまた悪化していくと肩を回してたときに全体的にコリコリと音が鳴るようになってしまいます。

そこまで来ると結構重傷で光に敏感になり目を開けて光が当たると激しい頭痛に悩まされます。

あと目を開けて光が当たらずとも頭痛があり方を触ってしこりをとろうとするだけで鈍痛がはしり日常生活に支障がでるようになってしまします。

 

緊急時のみカイロなどに行っています

継続的に肩こり解消法の運動をしています。
あと市販のピップエレキバンや葛根湯を買って張ったり飲んだりします。

それでも解消されない場合は接骨院にいったりカイロプラクティックに施術しにいったりしています。

基本的にパソコンを使うことが日常化しているので悪化しなければ自分で対処できる運動などで対処して少し悪化してきたら市販の磁気テープと葛根湯などを買って使用して様子を見てそれで解消できず

悪化してくる場合は私生活に支障がでるので行きつけの施術してくれる先生の所に行って施術を受けるようにしています。

時間があれば定期的に施術に行こうと思っているのですが仕事で時間がとれないので緊急の時のみ施術しるかたちになってしまっています。

あとは肩こりがひどい友人に新しい解消法を聞いて実践したり新しいくできて評判がいい先生の所に行ったりいろんなことをしています。

針なども試したのですがあまり自分には合わず今のところカイロプラクティックが一番自分にあっているようです。

50 肩 に 効く サプリメント

 

事務職に転職してから吐き気を催すような肩こりも

左側の首の付け根から肩甲骨に至る広い範囲に痛みとコリを感じる肩こりで悩んでいます。

最近、事務職に転職して一日中デスクワークの毎日が始まったためか、以前よりもさらに肩こりがひどくなり、ひどいときには、吐き気を催すほどです。

平日は、寝不足と眼精疲労が重なると、目の疲れからくる肩こりが悪化して、仕事に集中できないときがあります。

しかし実は休日の方がさらにひどいです。

気が抜けて平日はの疲れがまとまって体に出るのか、吐き気を催すほどの肩のコリと痛みはもっぱら休日に出てきます。

そんなときに目が疲れていたり寝不足だからと長めの昼寝をしてしまうと、寝ている態勢があまり首や肩にはよくないのか、目の疲れは取れるのですが、肩こりや首の痛みはさらにひどくなります。

また、朝はなんともなくとも、映画館や古い施設などで薄暗い照明の場所にお出かけしていると、その薄暗さが目に負担をかけるのか、目がどんどんと重たくなって疲労を感じ始めるようになり、遂には首の痛みや肩こりとなって休日の気分を台無しにされます。

 

マッサージをしてもらったり、枕の工夫をしています

まずは整体に通うようになりました。

整体でマッサージや矯正をしてもらうといくらかよくなります。何よりも、マッサージで気持ちよくなってリラックスできるので、痛みの解消が完全でなくとも精神的にすごく楽になります。

次に、夜寝る時の枕に工夫をしています。整体のスタッフの方のアドバイスで始めたのですが、バスタオルくらいの大きさのタオルを筒状に丸めて首の下に当てて寝ると翌朝の肩こりや肩甲骨のバキバキのコリが改善されています。

普通の枕ですと寝ているときに首が頭を支えようとする態勢になりやすいらしく、そのことで首に大きな負荷がかかっているそうです。

そこで、首の下にタオルを置いて首を支えてあげるようにすると、その負荷が解消されるので、肩こりが改善されるという理由です。

最後に、私は重度な猫背なので、お腹に力を入れて意識的に体を開いて胸をはっているような姿勢でいることを心がけています。

肩こりがや痛みの根本的な原因は、猫背に起因する姿勢の悪さで、その姿勢の悪さのせいで背中が丸まって頭が前に出て、前に出た頭を支えようと首が頑張ってしまうので人より肩こりがひどくなるらしいのです。

なので、毎日お風呂で体を開くストレッチをしたり、お腹に力を入れるように意識して背中を伸ばして体を開く姿勢を維持する努力をしています。

50 肩 に 効く サプリメント

 

首筋から肩こりにかけてのコリが酷い!

首筋から肩にかけてのコリが酷いです。学生時代から肩凝りを感じています。

姿勢が悪いのも原因かと思います。

仕事をしている時に感じる肩凝りの原因は、デスクワークであまり肩周りを動かす機会がないこと、パソコン操作が多く目に負担が掛かって疲れ目から肩凝りになっているのではないかと思います。

肩凝りは年中ですが、特に寒い時期になると、肩をすくめて歩いたり、肩に力を入れて過ごすことが多いので、肩凝りが酷くなるように感じます。

首回りを冷やすと寒くて首をすくめる事になるので、防寒のためにタートルネックなど首の詰まった服を着る機会が増えると、今度は首回りが窮屈になって逆に肩凝りになってしまうこともあるので、調節が難しいのが悩みです。

最近では、偏頭痛で肩凝りがとてめ酷くなり、薬が効かないと嘔吐することもあります。

偏頭痛時の肩凝りは、突然両肩から首筋にかけてがガチガチに固まり、揉んでも楽にはなりませんが、偏頭痛が治るとスッと肩凝りも消えます。

 

ツボを押したり漢方薬を飲んだりしています

肩凝りは長年、年中経験しているので、普段はあまり酷くない状態なら、首や肩周りを動かして自分で少し凝りをほぐす程度のことをして、ガマンしています。

スッとする肩凝りの薬を塗ってみたりしましたが、一時的に楽になりますが、肌にしみたり臭いがしたりするので、今は使用していません。

少しツライ痛みの時には、手のひらや肘あたりのツボを自分で押したりします。

体力が落ちていると感じるときの肩凝りには、常備してある葛根湯をのんだりもします。

葛根湯は血液の巡りが良くなるので、即効性は感じませんがじんわり楽になるような気がします。

マッサージに通ったこともありますが、揉み返しがひどくなり、余計に体がしんどかったので行かなくなりました。

スポーツクラブに通って筋力トレーニングにハマった時期が数年あったのですが、その時期は肩凝りがツライと感じたことがありませんでした。

やはり1番大事なのは、肩甲骨あたりの筋力を鍛える事だと思っています。

50 肩 に 効く サプリメント